嘘をつきつづけたことでぼくが誰からも信用されていないことに気がつかせてくれたのは、友達のゆうくん。

そして、悩み続けて2週間。

ぼくが出した答えは、、、オンライン英会話で英語の勉強をする!

ではなく、嘘をつくのをやめることです!

まだオンライン英会話ははじめません、、、(笑)

当たり前のことだと思うかもしれないけど、いままでついてきた嘘に嘘を重ねることはもうできないわけですから、嘘を本当のことに訂正する必要があります。

つまり、簡単な話ではありません。
答えを出すのに2週間かかったといいましたが、言い直すと嘘を訂正する勇気を出すのに2週間かかったということです。

でも、ここからは本当に楽でした。

本当のことを友達に話すことで、返ってくるリアクションは、ほぼ同じでしたから。

最初から気がついてたよって・・・
いつ嘘をやめるのかなって考えてたって言われまくりました(笑)

本当のことを言ったからって信頼関係がすぐ修復するわけではないけど、これからは嘘に嘘を重ねなくて済むって考えると、すごく楽になったのはリアルな話です。

それに、嘘つきだと言われて誰からも連絡がなくなるのかななんて考えたりもしましたが、、、

そんな心配はいらなかったんです。

みんな、僕にこう言ってくれます。

これからは嘘をついたりしないで、なんでも相談してくれよ!
って・・・(涙)

ぼくは何か間違えてたみたいです・・・

ぼくが嘘をついたことは、もちろん悪いことだけど、、、

友達のことを信頼してなかったのは結局ぼくの方だってことです・・・

嘘をついていたぼくに怒るわけじゃなくて、もっと相談してくれって言われたわけですからね。

それからは、ぼくは当然のように友達に本当のことを話して相談するようになりました。
彼女にも本当は最初の彼女があなたでしたって隠さずに本当のことを全て話しました。

最初は信じていませんでしたが、事情を説明したら理解してくれましたし、そんなくだらない嘘はもう二度とつくなって言われました・・・
そんなことは隠すことじゃなくてきちんと言えばいいって・・・

結局彼女のことも信じていなかったのはぼくの方ですね・・・
本当にごめんなさい!

ぼくが考える嘘つきをなおす方法は、ほんの少しの勇気と相手を信じることが大事だってことです。

そんなえらそうなことをぼくが言うとおかしいけど、、、

嘘つきの気持ちは、嘘つきだったぼくがよく分かると思うんです。

次回はいよいよ嘘つきをなおすこととオンライン英会話の関係を綴ります。